FC2ブログ

夏越の大祓と断食



夏越の大祓を旧暦に合わせてしてきました。
まさに六月の大祓です。
そして新月、断食も合わせて行い心身の禊としました。

金曜日の昼食から減らし始め、夕食後は一切固形物を口にせず、土曜日を迎え集合場所へ。

猛暑日で、熱中症的なものなのか、断食の影響なのか、頭痛がする中先ずは小戸公園へ。
海沿いにある気持ちの良い海浜公園、そこには小戸神社があります。



ここは、伊邪那岐命の「み禊祓」の地と伝えられています。

そこで足だけ海に入り祝詞を挙げ禊第一弾。

崖を昇り降りしたので、足が心配でしたが、意外にも杞憂に終わり自信もつきました。

そして、船で目的の能古の島に渡りキャンプ場へ。

バンガローにごろ寝という何十年振りかのアウトドア的な旅。

汗を流そうにもシャワーは三分200円の温水か無料の露天水シャワー。

温水の行列を見て、いっそ水着を着て海に入り、そのまま水シャワーを浴びようということになりこれまた何年振りかで夕方の海へ飛び込みました。

塩水が気持ち良く身体から何かが抜けて行くのを実感、暑さや空腹も忘れ海に漂っていました。

夜になっても特にしなければならないことがあるわけではなく、ただゴロゴロ寝てばかり。

床は板張りにゴザが引いてあるだけ、そこにバスタオルを引いても堅さが堪え、こんなところで寝れるか?と思っていましたが、なんのことはありません。
いくらでも寝れるのです。

元々、枕が変わると寝れないタイプの私は実はとても心配していたのですが、
これは嬉しい発見でした。

本当に必要なものは少しのもの、バスタオル一枚でもグッスリ眠れるのだと。
日々甘やかしているからこそ有り難みも薄れ、自分の本能も退化し、眠ることすら難しくなってしまうのですね。

そして、新聞もテレビもないバンガロー、ネットは繋がるけれど、この旅に出るときから携帯を切っていたので写真を撮る以外は、使わない時間でした。その心地よさ、不安は全くなく、あるのは解放感だけ。如何に日常縛られているかがわかります。


朝は五時起き、海で禊の予定でしたが、雨が降り始め、水温が下がっているので様子見。

海の方を見ると、雨雲と朝焼けが同居していて、雲の向こうに太陽はあるという当たり前のでも曇っていると忘れがちな事象をゆっくり眺めました。

それからまたごろ寝してウトウト。
配給の朝ごはんが用意できたとの知らせにワクワク。

およそ36時間降りの食事は梅干しと生姜だけで味付けしたお粥。
三合のお米を15人でいただきました。



味覚が敏感になっている、というよりも本来の感覚に戻ったという方が正しいでしょうか。

五臓六腑に沁み渡る美味しさわ噛み締めて味わいました。

グルメとは遠いところにある、でもこれが本当の食というものだと改めて思い知らされました。

日々、いろいろなものを食べながら味わうということを忘れ、ルーティンのようだったり、○○の△が美味しいからとわざわざ食べに行ったり、それも食の一つの形ではあるけれど、必要なもの、本物はとてもシンプルだということ。

食はその人自身を作る源でもあるので、
材料を選ぶことも作ることもいただくことも疎かにしないことを誓う日でもありました。

断食のもう一つのテーマは、「手放す」。

命を繋いで行く、そのために必要なものはとても少ない。
そして必要なものは必ず与えられる。
そう信じることが力になるのだと確信した日でした。

そうして、もう動き始めています。変わり始めています。
確信すると変化はすぐ起こることもまた
真実なり。
スポンサーサイト



アフリカンツリーミスト体験会終了




昨日の「平尾てくてく市」無事終了しました。
梅雨明け宣言はまだの福岡ですが、晴れて準備の間に大汗かくほど!

久しぶりのイベント参加でしたが、予想以上の方にアフリカンツリーミストを体験していただき私も楽しみました。

13種類のミストを順番に体験してもらい、一本を選んでいただき、そのミストが持つメッセージをお伝えするのですが、皆さん「今の私に必要なもの!」と納得してくださりやはり偶然はないんだなあと改めてフラワーエッセンスの持つ力の不思議さを実感しました。

どのミストの香りもそれ自体は穏やかで優しいのに、そのパワフルなエネルギーを感じていただけたようで、その場に在庫があれば欲しそうな方が多かったのも正直驚きでした。

普通の商店街のイベントでしたから、いらっしゃる方にチャクラだの魂だの言うのは避けていましたが、そういう言葉は使わなくてもやはり求めている方が潜在的いらっしゃり、見つけてくださるものだと感激しました。

とかく、そういうものを積極的に求めている方ばかりの場でイベントなどしがちですが、市井の場でも必要なものは受け入れられるのですね。

私がこの一週間に使っていたミストを選んだ方も二人いて、引き寄せの法則も感じました。

一緒に出展したfumiさんのお花の雑貨たちもいろいろなところにお嫁入りしていました。

居酒屋さんやパン屋さんで買ったお昼ご飯を分け合いながら地域密着型のこんなイベントも楽しいなあと、これだからやめられないなあと思った次第です。

信頼という名の船




六月末、福岡在住のアーティスト、八坂圭さんの光のアートレッスンを受けてきました。

二回目になりますが、どんな自分が出てくるのかとても楽しみでした。

前回の三月からの三ヶ月の間に私自身に大きな変化があったからです。

描いた絵を観た圭さんは、最初に「信頼の船に乗って漕ぎ出す」と。

この信頼とは元々手元にあったもの、それが確かなものとなり動き出すのだと、まさにタイムリーなメッセージでした。

引き寄せの法則とか、想念が現実を創るとかいろいろな言い方がされますが、つまりは自分が決めれば動くのだという当たり前のことを実感しています。

当たり前だけれど、不安があったり、思い煩ったりで決められないのもまた普通のこと。

そんなとき後押ししてくれたのは、ある友人の一言。

「成功する確率は数パーセント、でもやらなかったらゼロ。この数パーセントとゼロは全く違う、その差は測り知れないよ。」

結局、決めるのは自分。やらなかったことを後悔したくないし、誰かの何かのせいにはしたくない。だから、やっぱりやろう、そう腹が据わってからの変化は自分でも驚くことばかりです。

生きにくいと感じるところで生きるのはもう辞め❗️

そう思ったら、多少のことではブレなくなりました。
信頼の船は、誰一人いない大海原でも沈まずに港へ辿り着けると確信しています。

圭さんのレッスンでは、最初に44のかがやきのカードを目を瞑って引きます。

今回私が選んだのは、



手をふれて

すべてをつつみいつもある

その存在にきづかない

だから指先で

たしかめて


プロフィール

lotushomeopathy

Author:lotushomeopathy
ロータスホメオパシーセンターブログへようこそ!
ホメオパシーに興味のある方もない方も、毎日の暮らしを
楽しむ術を一緒に考えませんか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR