FC2ブログ

ホメオパシー体験記とホメオパスの視点

穏やかな秋の日が続いています。


ご縁があって、Love & Thanksと言う雑誌で、臨床記録を連載させていただいております。


0910-lt-img.gif



先月までは、患者さんと私が交替でひと月置きに書いていたのですが、今月から見開きで同時に患者さんの「体験記」と私の「ホメオパスの視点」が掲載されることになり、より読みやすくなりました。


本当に現在進行形で書いているので、来月の原稿がどうなるかわからない、ハラハラドキドキ、結末の行方は


誰にもわからない神のみぞ知るエンドとなるでしょう。


ホメオパシーのコンサルテーションを受けた事のある方にも、これから受けてみたいと思っている方にも是非お読み頂きたい記事となっています。


スポンサーサイト



植物療法の世界へ…

ホメオパシーを勉強している頃、実は、ハーブも同時進行で勉強していました。ところが、1年で挫折、テストのために覚えるのが嫌だったのと、教えてくださっている先生がどうしても好きになれませんでした。


子どもがある先生を嫌いになるとその教科も嫌いになってしまうのとまさに同じ現象、今にして思えば、タイミングが合わなかったのでしょうね。



去年、ヒルデガルト・フォーラム・ジャパン主催の一般向けのハーブのセミナーに参加して、その面白さに目から鱗。


講師は、ドイツから来てくださった森のフィとセラピスト・Peter Germannさん。ホメオパスでもありながら、ヒルデガルト医術の研究者でありその植物療法を教えてくださっている方です。ヒルデガルトと言うのは、中世のドイツで植物療法の確立に尽力した修道女の名前です。


その出会いが、私のハーブ勉強嫌い(ハーブが嫌いなのではなく、その勉強が嫌いだっただけで)を取り除き、見えない糸に結ばれている感じでぐいぐい惹かれている自分がいました。


森に行くと癒される私にとって森のフィとセラピーとの出会いは必然であったと確信しています。


そのPeterさんの講義が今年も開かれます。


「ドイツにおける植物療法」
ー予防のためのハーブー

日時:11月21日(土曜日) 14:00~16:30
場所:パシフィコ横浜(会議センター4F 422号)
料金:8,000円
定員:50名


お問い合わせ、お申し込みは、

ヒルデガルトフォーラムジャパン
Tel:0797-21-5001
E-mail:phyto★minto.ocn.ne.jp (★を@マークに変えてください)


是非、ご参加ください!!


覚書

誰かを愛することは、神の傍にいること。



「レ・ミゼラブル」より


プロフィール

lotushomeopathy

Author:lotushomeopathy
ロータスホメオパシーセンターブログへようこそ!
ホメオパシーに興味のある方もない方も、毎日の暮らしを
楽しむ術を一緒に考えませんか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR