FC2ブログ

募集中!

気がつけば、今年も半分が終わり、ほとんどブログを更新できないままにここまで来てしまいました。


その間も元気に仕事をしておりますし、梅仕事なども例年通りこなしております。


書けないのは忙しいからだけではなく、今は、気持ちがとにかくパソコンに向かわない状況なのです。一時は、中毒のようにパソコンなしの生活なんて考えられないと思っていましたが、仕事上、メールのチェックをしたり、ワードを使って資料作成などは行っておりますが、ネットを観たり、ブログを書いたりと言うことには、どうしても気持ちが行かず、限られた方のブログをチラ~っと観る程度になっております。


そういう時期もあるんでしょうね。

と言う訳で、お休みと言うことも特にありませんが、ブログは必要なときに何かを告知させていただくなどで使っていくことになりそうです。


今回はお知らせが二つϡȡʼ????


一つは、スチューデントクリニックにきてくださるクライアントさんの募集です。
ホメオパシーを学んでいる学生さんが臨床実習をするためには、実際にクライアントさんをコンサルテーションさせていただくのが一番なのです。現場には責任者として私も一緒におりますし、責任は全て私にあります。
詳細は、スクール「スチューデントクリニック」をご覧頂き、是非お問合せ下さいませ。


もう一つのお知らせは、4月の日記に書きました(トップページにも紹介を載せていますし、私の公式HPからダウンロードして読むことが可能です)雑誌「Love & Thanks」にインタビュー記事を載せていただきました。そのご縁で6月号から「癒しの場」と言うシリーズで「ホメオパシー体験レポ」の連載が始まりました。6月号には、クライアントさんの体験手記が掲載されています。


これは、現在進行形で私のコンサルテーションを受けていただいている方の体験手記とそれに対する私の「ホメオパスの視点」を交互に連載していくという大変ユニークな企画です。

成功例としての臨床例の出版物は、たくさん出ていますが、すべてがホメオパスの視点で書かれているもので、実際にクライアントさんがどのように感じ、どのように考え、どのように回復を捉えているかと言う記述はほとんど見られなかったと思います。


今回は、交互に書いていくことでクライアントもホメオパスも丸裸になる経験をさせて頂いています。現在進行形のライブケースなので、成功例なのか失敗例なのかの結果も出ていません。この二人の旅がどこへ向かっているのか、どう終結するのかは誰にも分からない未知の旅と言うことで、リスクもあるお話だったのですが、今までにない企画だということで受けさせていただきました。

私の「ホメオパスの視点」を書いた記事が掲載されている7月号がもうすぐ出版されます。


私も資料の翻訳などは随分してきましたが、自分の言葉でホメオパシーをどう捉えているのか、それを話す機会はあっても活字にして公に出版される事はなかったので、その点では、とても嬉しかったޥです。


本屋さんで手に入れられない雑誌ですが、コンサルテーションと言うものの実態をお知りになりたい方は是非お取り寄せ、お読みくださいね。


蒸し暑い日々が続き体調を崩されている方が多いようです。
どうぞ、ご自愛なさって、夏本番にお備え下さい。



スポンサーサイト



プロフィール

lotushomeopathy

Author:lotushomeopathy
ロータスホメオパシーセンターブログへようこそ!
ホメオパシーに興味のある方もない方も、毎日の暮らしを
楽しむ術を一緒に考えませんか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR