FC2ブログ

ホメオパシー茶話会のお知らせ

トップページにも載せましたが、ホメオパシー茶話会を月に一度開催することとなりました。ͤ

毎月第2水曜日の午前10時から正午までです。場所は、ホリスティックヴィレッジ・サンクチュアリです。


目的は、皆さんが日ごろ、どのようにホメオパシーを使っているか、その中での経験談(成功体験だったり失敗体験だったり)や疑問などを、シェアーして一緒に考える場所にしようということです。


ですから、個別相談はお受けできません。主役は、ホメオパスではなく、使っておられる皆さんなので、他の人の前でお話できる内容にして、みんなで考えられるものにしていきたいと思います。


その性質上、参加者が3名以上集まったときのみの開催となります。


参加費は、お一人500円(お茶付きҡ)、お子様連れももちろんOKです。(ベビーシッターは付きませんので、ご自身で保育してください)


お申し込みは、下記までメールe᡼にしてお願いいたします。(完全予約制)

homoeopathy1110@yahoo.co.jp


皆さんの情報交換の場として活用していただければと思います。 


スポンサーサイト



タロットの魅力

土曜日、日曜日と二日間続けてのタロット講座でした。ヴィレッジの企画で、年末から準備をしてこの日を迎えました。

タロットの大アルカナ22枚について、カードの意味をまずは習うのですが、解釈の仕方は人それぞれ。ただ、一方的に意味を聞くのではなく、それぞれが持っているカードの絵を見ながらインスピレーションやイマジネーションをシェアします。


いろんな言葉が飛び出しますが、どれもカードの本質を突いている言葉で、絵を見て直感で言葉として表現することの大切さをまずは学んだ感じです。


二日目には、自分の抱えている問題を占い、その解釈を皆さんに聞いていただき、他の参加者の方のアドバイスももらいます。

また、ペアになって、相手の方の問題を占い、それも皆さんの前で発表して、いろんな意見をシェアする場となります。


ストートーリーを作る重要性、想像力、洞察力、直感力などが要求されるのがタロットです。

何より大切なのは、自分の魂と出会う、自分を見つめる、自分と向き合うことです。

先生の言葉で印象的だったのは、大アルカナ22枚は、「22人の友人です」と仰ったこと。


その22人とお友達なっていく中で、いろいろなアドバイスを得たり、忠告してもらったり、そのときそのときの立場で変わるのでしょう。そこがホリスティックな占いだなあと思った次第です。


同じカードが出ても、その人のそのときの状態で受け止め方は変わります。そこが、タロットの醍醐味ですね。


ケルト十字法では、現在の状態、過去の状態、未来などが出ますが、過去は変えられません。でも、今気付くことで、現在の状態を変え、さらにそれが未来へと繋がって、違う世界を開くことが可能になる、そこが、タロットが私たちに教えてくれる生き方の一つだと思いました。


先生は、岩手県からいらしてくださった、フラメンコを愛する美人占い師。
先生の強い励ましに皆さん、元気を頂いたことと思います。


参加者全員、素人ですが、これからタロット世界への旅が始まることでしょう。

個人的には十分、はまっています…



文法に悩む親子

次男は今日から学期末試験が始まります。


昨夜、一緒に国語の問題をしていて、つくづく気の毒になった母でした。今回の国語は「文法」がメイン。


文章を見て、どれが主語でどれが述語か…
それは、まだ、英語も一緒で何とか理解できます。


修飾語と被修飾語、また修飾語には「連体修飾語」と「連用修飾語」があります。
って、知らなかった母ですが。


皆さん、この言葉を聞いて説明できますか?


そんなこと考えて新聞や雑誌、本を読んでいるわけではないので、一つ一つの言葉の意味ではなく、役割をこんな風に説明されても、面白いわけがない。

説明する先生もさぞかし大変だろうと思うのですが、モット、面白く、文法をわかるようにするカリキュラムってないのでしょうか?

あれが、国語の躓きの原因となるように思いました。

息子よ、点数なんて気にするな!問題一生懸命読むだけであなたには十分よ!と励ますことしか出来ない母でした。

試験は、明日まで。明日は、難関の日本史です。



ϡȡʼ????タロット占講座開講ϡȡʼ????

とき:2月24日(土曜日)午前10時から午後4時
   2月25日(日曜日)午前10時から午後4時
   *二日間のコースです。

ところ:ホリスティックヴィレッジ・サンクチュアリ

講師:マリエル氏
   国際タロット学院公認カモワンタロットリーダー
   スピリチュアルショップ「ステラ・マリス」店長
   岩手県一関市在住

内容:タロットの基本から学び、自分で使えるようにするコースです。

とき:日曜日=午後5時半から午後6時半まで
   月曜日=午前9時半から午前10時半
       正午から午後1時まで
       午後2時から午後3時
       午後3時15分から午後4時15分


ͤセラピストのためのアドバンスホメオパシー講座 ͤ
内容  一歩進んだセラピストへ! どんな療法にも限界があります。
    今、貴方が持っているセラピーにホメオパシーを加えてみませんか?
    日本初のセラピストを対象にした専門的なホメオパシー修得コースです。
    4月より12月まで

会場  東京都内、新潟市

日程  東京-毎月第2日曜日 新潟-毎月第1土曜日

手技コース、基礎医学などもお問合せください。
パンフご希望の方は、私書箱までご連絡ください。


息子と過ごした時間

今日は、息子が東京の友人宅へ行ってしまう日です。

7日から久しぶりに一緒に過ごした約1週間、一言では言い表せないほど、楽しい時間でした。次男もお兄ちゃんと買い物に行ったり、テレビを見たり、そういった何気ない日常の時間がとても楽しかったらしく、また、来て欲しいと名残惜しそうに今朝、学校へ行きました。


やはり、兄弟なんですね。


家族が離れて暮らすことが、良いわけではありませんが、それで学ぶことも多かった子どもたち、この2年ほどで随分成長したように、親ばかの私には見えます。大人にならざるを得なかった彼らに胸が痛む思いもあります。


大人の会話が出来るようになった長男の背中を見ながら、夏にまた来ると言っているのを今から楽しみにしています。

26日から始まる大学での新しい生活を楽しんで欲しいと願いつつ…

ͤセラピストのためのアドバンスホメオパシー講座 ͤ

内容  一歩進んだセラピストへ! どんな療法にも限界があります。
    今、貴方が持っているセラピーにホメオパシーを加えてみませんか?
    日本初のセラピストを対象にした専門的なホメオパシー修得コースです。
    4月より12月まで

会場  東京都内、新潟市

日程  東京-毎月第2日曜日 新潟-毎月第1土曜日

手技コース、基礎医学などもお問合せください。
パンフご希望の方は、私書箱までご連絡ください。





競争と協力

昨夜、家族で賑やかにテレビを見ていると、渋滞の原理などをバラエティー番組で放送していました。


それを応用していろいろなことが出来たり考えられたりするそうですが、その中に、緊急時の非難方法について、「競争と協力」がどう働きどう違うについての実験をしていました。


二つの同じ大きさの部屋に40人の人を閉じ込めて、90センチのドアから非難してもらうのですが、一つの部屋の人たちには、「競争するように先を急いで脱出してください」と伝え、もう一つの部屋には、「譲り合うように協力しながら脱出してください。」と、あらかじめ伝えておくのです。


90センチの幅は、2人の人間が丁度通ることが出来るくらいの幅なわけですが、結果、「競争」の部屋の方が、2秒ほど早く全員が脱出できるのです。何度やっても、同じ結果でほぼ2秒の差が出ます。


次に、55センチの幅のドアにして、同じ実験をすると、今度は、「協力」の部屋の方が2秒ほど早く脱出できます。


どんな場合も、協力し合う方が早く脱出できるように思っていましたが、ドアの広さによっては、競争させた方が早いと言うことに驚きました。


これを災害時の非難に応用できると言うことです。


非難時に我先に出ようとするなんて、なんだか自分勝手のように思っていましたが、実はそうでもないという事実。


これは40人と言う規模での2秒の違いですが、これが、たとえば、東京ドームにいる人全員を非難させる場合には、モット大きな差が出るとのこと。


みんなが知っているべき話だと感心した次第です。競争社会も悪いことばかりではないのですね。


ͤセラピストのためのアドバンスホメオパシー講座ͤ

内容  一歩進んだセラピストへ! どんな療法にも限界があります。
    今、貴方が持っているセラピーにホメオパシーを加えてみませんか?
    日本初のセラピストを対象にした専門的なホメオパシー修得コースです。
    4月より12月まで

会場  東京都内、新潟市

日程  東京-毎月第2日曜日 新潟-毎月第1土曜日


パンフご希望の方は、私書箱までご連絡ください。




蓮のエネルギー

昨日は、私自身がとても楽しみにしていた、ロータス=蓮のレメディーのプルービング体験でした。


レメディーを服用せずに、蓮をイメージしながら瞑想すること30分、その後、蓮のお茶をいただきながら、皆さんが感じたこと、見たことをシェアしました。


その後に、レメディーとしてのロータスの持つ性格をお話したのですが、見事にプルービングされていて、驚きと感動の連続でした。


私も、見事にプルービングされたことに、ロータスのエネルギーの高さと瞑想の役割の意味を理解したように思います。


ヴィレッジの傍には、佐潟があり、そこは夏になると見事な蓮の花が咲き乱れます。

その頃に、佐潟のほとりでまたこのプルービング体験会を是非しようと思っています。
実際に蓮の傍で行えば、そのエネルギーは計り知れなく、私たちの心と体にどんなものをもたらしてくれるのかとても楽しみです。


ロータスの働きについては、書かないで置くことにします。次回の体験会のために。
事前に知ってしまうと、情報に影響され、プルービングが上手く行かないからです。

今回参加できなかった方、夏をお楽しみに


名前の言霊

最近、こんなお話を聞きました。


命名言霊(めいめいことだま)と言うものです。

つまり、名前の持つ言霊・意味なのですが、姓名判断などは、戸籍の名前にのっとってするわけで、名前に漢字が使われていれば、その画数が問題となり、凶数や吉数が存在しますから、所謂「良い名前」「悪い名前」が出てしまい、改名をする方がいらっしゃいます。


この命名言霊は、平仮名で表記し、その響きを大切にし、その50音に一つ一つ意味があります。

なので、悪い名前、良い名前と言う考え方はありません。


生まれてきたとき、自分の名前を自分でつけた人はいないと考えますが、実はそうではなくて、この世に生を受ける前に、既に自分で自分の名前を決めていて、命名しようとしている人(両親だったり、祖父母だったり)にその名前をつけるように意識を向けているのだそうです。


よく「自分の名前が嫌いだと言う人がいますが、あれは、自分の名前を否定していることになる」そうです。だって、自分でつけた名前なんですから。


そうなると、50音全ての意味を知りたくなるのが人情ですが、私も自分の名前を聞いただけなので、全部を知っているわけではありません。

正直、私も自分の名前を好きなほうではなかったのですが、現金なもので、この話を聞いてからすっかり意識が変わりました。
自分の命名言霊を知ることで、意識の変革が起きたようです。



*****************************************


ͤセラピストのためのアドバンスホメオパシー講座ͤ

内容  一歩進んだセラピストへ! どんな療法にも限界があります。
    今、貴方が持っているセラピーにホメオパシーを加えてみませんか?
    日本初のセラピストを対象にした専門的なホメオパシー修得コースです。
    4月より12月まで

会場  東京都内、新潟市

日程  東京-毎月第2日曜日 新潟-毎月第1土曜日


パンフご希望の方は、私書箱までご連絡ください。





家族再会

今日の午後、息子と両親が新幹線を乗り継いで新潟にやってきます。


息子は、去年の1月に来ていたので1年ぶり、両親は、去年の6月に来ているので、7ヶ月振りになります。父にとって新潟はふるさとですが、雪の少ないことにきっと驚くでしょう。


息子も去年、すごい雪を見て、雪掘りも随分手伝ってくれたので、今年の雪のない街にがっかりかもしれません。

今夜は、長男、次男、両親、私の5人で近くの温泉に泊まります。明日、次男は温泉から中学校へ。(車で15分ほどなのです)å

私の両親の心配をよそに、「なんてことないよ~」と一人成田から乗り換えて福岡へ行った息子。
19歳になるんですから当たり前なんですが、日本に住んだことがないことを思うと、つい、きちんと人に日本語で聞けるかしら?看板が読めるかしら?と余計な心配をしてしまう、母と祖父母なのでした。


母(私)が日本に来てもうすぐ2年、早くに母のいない生活を始め、随分しっかりしてしまったのでしょうか?ちょっと胸が痛みつつも、しっかり育ってくれている息子に安堵も…

今夜は、久しぶりに温泉に浸かって命の洗濯をしてきま~す
明日は、両親に佐潟の白鳥を見て帰ってもらおうと思います。
息子は1週間ほど新潟に滞在して、東京のお友達のところへ行きます。

何を食べさせてあげようか、楽しみな母です。




息子がやってきた

昨夜、無事に長男がシドニーから日本にやってきました。

成田で飛行機を乗り換え、一路福岡へ。福岡には私の両親、つまり彼にとっての祖父母に先に会いに行ったのです。


今回の日本旅行は、大学合格お祝いとして祖父母からのプレゼントなのです。

水曜日に両親も一緒に新潟へ来ます。次男も久しぶりに会うお兄ちゃんを楽しみにしています。


来る直前にシドニーの家では引越しも行われ、バリバリ働いた長男は疲れ気味。3月からの新生活スタートの前に鋭気を養って帰って欲しいと願っています。


成田でうまく乗り継ぎできるかとひどく心配していたおばあちゃんですが、オトナになった息子には何の問題もなかったようです。

久しぶりの再会、楽しみです。




感が動く

お正月明けから倉本 聡さん脚本のテレビドラマ「拝啓 父上様」が始まっています。

最初は、なんとなく見ていたのですが、最近は、はまってみています。若いタレントさんが主人公の所謂トレンディードラマが多い中で、神楽坂を舞台に暖かいものが伝わってくるドラマで好きです。


脚本の倉本氏いわく「品格のある喜劇を作りたかったんです。よく富良野塾の若いライターに『子宮で泣かせて睾丸で笑わせろ』と教えるんですが、まさにそういった体の中の”感”が”動く”から”感動”と言うわけで、そうじゃないと本物ではないような気がするんです。」とインタビューに答えていました。

何かを見て泣いたり笑ったりする、そういう感情は、頭だけで理解しているものではなく、体の中から動くものなんだなと、人にそういうものを与えるものを作り出す仕事をしている方は、ご自分が、そうやって感が動く瞬間をたくさん体験しているのだろうなあと思った次第です。


そこに嘘があると、多分人は、子宮で泣いたり、睾丸で笑ったりすることはないんだろうと思いました。


やっと冬が…

昨日から降り始めた雪、今日は時々吹雪いたり、かと思うと太陽が顔をのぞかせたり、忙しいお天気となっています。


今年は、とにかく雪が少なくて、足元は楽で良いのですが、一方、不安がありました。
会うと、口々に「きっと、このままでは済まない。しっぺ返しが来る」なんて言い合っていました。


特に農家の方は、冬は寒く、夏は暑くないと作物の生育に大きな影響が出るということで、とても気にしていました。


2月に入り、ようやく、冬らしい新潟になってきたようです。


異常気象が世界中で見られますが、やはり神様、未来からの警告でしょうか。



聖なる花

2月9日(金曜日)、「ロータス」のプルービング体験会を行います。


プルービングとは、一言でわかりやすく言うと、臨床実験ということになります。


ホメオパシーのレメディーは、30cを使って、多くの健康な人を集めて服用してもらい、それによってどんな症状が得られるか、そのデータを集めることで、そのレメディーのマテリアメディカを作るというものです。


今回の「ロータス」は、仏教の聖なる花「蓮」ですが、いろいろなプルービングデータが既に集められています。


女性に向いているレメディーであること、プルービングによる副作用・好転反応(健康だったのに、そのレメディーを摂ることで、具合が悪くなる)がないということで、瞑想によるプルービング体験をします。


聖なる花を体験する=未知の不思議な世界への旅となるのではないでしょうか。


まだ、余裕がありますので、ご興味のあるかは、ご連絡ください。


時間は、午前10時から正午まで、参加費は、2000円です。


プロフィール

lotushomeopathy

Author:lotushomeopathy
ロータスホメオパシーセンターブログへようこそ!
ホメオパシーに興味のある方もない方も、毎日の暮らしを
楽しむ術を一緒に考えませんか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR