FC2ブログ

「治す」事と目標設定

一般的に病気が治るための時間は、其の病気に掛かっている時間に比例すると言われています。

10年間、ある病に罹っている場合に治る時間が仮に3年だとすれば、5年間、罹っている場合には、1年半と言うように。


私のところには、アトピーの方が多くいらっしゃいます。
お子さんもいれば、大人もいます。


最近、皆さんの経過を見ていて思うことがあります。

例えば、30歳のアトピーの方は、3歳のときに発症していますから、27年間辛い日々を過ごしています。

5歳のお子さんも3歳で発症して、2年間、苦しんでいます。


常識的に考えれば、5歳のお子さんの方が早く良くなるはずなのですが、実際にはそうでもないのです。

30歳の方と5歳のお子さんの大きな違いは、本人の意識にあります。

30歳の方は、自らホメオパシーを選択して明確な「治りたい」と言う意志を持って、いらっしゃいます。

5歳のお子さんは、お母さんの選択と意志で連れてこられます。
子どもだって症状は辛いはず、治りたいに決まっているのですが、それがきちんと意識されているかといえば、大人のようにはいきません。

ホメオパシーをする場合でも、生活、特に食事には気を配らなければなりません。大人は自分の意志で甘いものを我慢したりもできますが、子どもはやはり「やらされている」と言う意識を持ってしまうものでしょう。


このあたりが、其の疾患に罹っている年月以上に人に大きく作用しているのかなと思います。


では、どうしたら、子どもに「治りたい」と言う意識をもってもらえるか、今、それを考えている、暗中模索のときです。

「何時までも痒いとアイスクリームが食べれないよ」と言う否定形の脅しではなく、ポジティブな明確な目標設定が大事だと思います。

それは、毎日接するお母さんが一番して上げられることですね。


大人も子どもも、「この病気が治ったら、これをする」と言う目標設定をすることが、治る近道の一つです。

病気を治すことだけを目標にしてしまうと、遅々として進まないときに目標を見失いがちになりますが、「足が治ったら山に登る」「○○が治ったら、大好きな海に潜る」そういった目標を設定することで、細胞が元気になっている例をこのヴィレッジでは、たくさん見ることができます。


お子さんの場合、もう一つ大事なのは、お母さん自身も目標設定をすることです。
お母さんも、どうしたいのか、お子さんと一緒に話し合って見つけてください。


スポンサーサイト



冬妻ほたる

冬妻と書いて、「ひよつま」と呼びます。

昨夜、見に行った蛍の名称です。

ヴィレッジから車で15分ほどのところに、岩室温泉と言う温泉があり、其の背後の山に蛍の名所があるのです。

温泉街に車を止めて山道を歩くこと、10分ほどで蛍が見え始めます。あたりには人家も街灯もなく本当の暗闇の中に蛍の灯がともります。

今は、人口の灯がたいていのところにあるので本当の暗闇は中々ありませんが、ここでは、人とはぐれてしまいそうなほどの暗闇で声を掛け合い、たまに存在を確認しながら数人で歩きました。


9時過ぎまでが見ごろとかで、それを過ぎると蛍も眠りに入るようです。

源氏蛍は1年のうち9ヶ月を水中で幼虫として過ごし、5月ごろから土の中に入り、さなぎになり40日で羽化して成虫となり土から這い出して舞い飛びます。

そして1週間から10日飛翔し水だけで過ごし結婚して卵を産みます。


光の舞は、蛍のラブコールなのですね。


幻想的な美しさに酔いしれた夜でした。


試験の苦しみ

久しぶりに完全休業の日曜日。

のんびり本を読んだりパソコンしたりと言いたいところですが、仕事するより疲れる休日を過ごしております。


息子が明日から中間試験なのです。

英語は、問題なし。
数学は、まあ、数字は世界共通だからなんとかなる。

困るのが、国語と理科と社会と保健体育。

保健体育についてはもう完全に諦めました。(先生ごめんなさい!)

国語は、覚えようと思えば何とかなる漢字に絞り、読解問題は、諦めムード。

地理は、世界地理については、世界共通なので、日本語で書けるかどうかが問題。
書かないよりはましだろうと、日本がわからないけど答えがわかるものは、英語で書いてごらんと知恵を授けた母。(先生、お願いします!英語認めてください!)

歴史は、ちんぷんかんぷん、これから1時間で何ができるでしょうか…


事前に先生にお願いして、すべての問題文にフリガナをつけていただくこと。
質問の意味が解らずに答えられないのは切ないので、問題文の解説をお願いしたいこと。

この二つについて学校側はすべて受け入れてくださり、別室で一人で受けることになりました。
問題作成者の先生がずっとついて、問題について説明をしてくださるとのこと。


本当にありがたいです。
余計なお仕事を増やしてしまっている親子ですが、其の先生方の御配慮に答えるべく勉強をちょっとはしなければと思いつつも、捗らない日曜日を送っております。

担任の先生も、「今回は、点数は気にするな」と言ってくださっていますが、そんな言い訳が何時までも通用するわけもなく、やはり、毎日の積み重ねが肝要だと、久しぶりに自分が学生になった気分で反省と後悔…


でも、今夜は、親子で蛍を見に行きます。
知り合いに連れて行っていただくのですが、本物の蛍を見たことのない私は、今からワクワクドキドキ…

夜のお楽しみまでもう一頑張りしましょう。


水なす

リンク頂いているエムツーさんから大阪の名物「水茄子」を送っていただきました。


これが、ただのお茄子ではありません。梅雨時にしか取れない水茄子を糠漬けになっているものを送っていただいたのです。

それも一つのなすが糠に包まって一つずつビニール袋に入って、発泡スチロールに鎮座ましましておりました。


柔らかい皮に包まれたみずみずしい果肉、程よい麹の混じった糠の味。もう、絶品でした。
漬かっていた糠を全部プラスティック容器に入れ、再利用。

今は、きゅうりとにんじんが漬かっています。
これを食べるのがまた楽しみ。

二度美味しい糠漬けです。

漬物フリークの私としては大満足の逸品です。


出張コンサルテーション

8月に二回の出張コンサルテーションを予定しています。


博多(福岡県)-天神、薬院あたり

8月5日(土曜日):午後
8月6日(日曜日):午前
8月8日(月曜日):午後


宇都宮(栃木県)

8月25日
8月26日
8月27日


博多は、両親が居を構えましたので、これからは「実家」となります。
一度も住んだことのない土地が実家と言うのも不思議な感覚です。

でも、今まで実家がなかった私には、やはり嬉しいことです。

どちらも息子を連れての旅ですが、宇都宮へ車で移動をするつもりにしており、景色の良い磐越自動車道から東北自動車道へ抜けます。

磐越では、会津若松へより、鶴ヶ城などを見学しながらのんびり行きたいと思っています。

出張では、仕事だけでなく、その土地の美味しいものを頂いたり、景色を見たりと、楽しみも一緒についてくるのが嬉しい限りです。


今から予定の詰まった夏休みに息子もワクワクしています。


コンサルテーションなどのお問い合わせは、私書箱(メッセージを送る)まで、お願いいたします。


オーラソーマとホメオパシーのコラボ

7月からビレッジではいろいろなセミナーが企画されています。

オーラソーマとホメオパシーのコラボレーションセミナーは、その中でも目玉?、中々他では見られないセミナーだと思います。定員十名と少人数でやりたちと思っています。

おまけのプレゼントは、秘密!ご期待ください。



イギリスで生まれた魂のセラピーとしてのオーラソーマとドイツで生まれたホリスティックな代替医療であるホメオパシーのコラボレーションセミナーです。

オーラソーマは、心・魂のセラピーとして目覚めのプロセスを通して発達を促し、自己の潜在的可能性と繋がることで自分に力を与えます。色は、チャクラに関係して、それぞれの意味を持っています。


051129_1133~0003.jpg



ホメオパシーは、カウンセリングを通して全体で捉えて、其の人に合った一つのレメディーを使います。

ホメオパシーは、各チャクラに関係した色と意味にレメディーを当てはめ、さらに深い洞察で症状を考え、その人を丸ごと見ていくことができます。

オーラソーマとホメオパシーのコラボレーションによる、チャクラの思想と色彩の哲学を学び、その人の持つ体質や気質に迫り、新しい視点で「人」を捉えるセミナーです。



とき:10月21日(土曜日)午前10時から午後4時
ところ:ホリスティックビレッジ「サンクチュアリ」
    〒950-2264 新潟市みずき野1-10-32
    Tell:025-239-0211 Fax:025-239-0212
参加費:8000円(プレゼントつき)
定員:10名



他にも下記のようなセミナーが開催されますので、是非ご参加ください。


★ ホメオパシーミニセミナーシリーズ ★


日ごろ、ホメオパシーのコンサルテーションを行っていて、よく受けるご相談や、疾患について、どのようにホメオパシーでは対処をしていくか、または、どのような方法で日常生活を送れば良いかなどについて解りやすくお話するセミナーです。


予定
7月21日(金曜日)   アレルギーとの付き合い方
8月23日(水曜日)   生理前症候群のホメオパシー
9月22日(金曜日)   パニック障害のホメオパシー
10月20日(金曜日)   妊娠、出産の不快な症状とホメオパシー
11月24日(金曜日)   インフルエンザの予防と治療

とき:いずれも午前10時から正午まで
ところ:ホリスティックビレッジ「サンクチュアリ」
    〒950-2264 新潟市みずき野1-10-32
    Tell:025-239-0211 Fax:025-239-0212
参加費:2000円


★ オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス入門編 ★


オーストラリアの大地と太陽の恵みのエネルギーを受けた花たちによる癒し、それがブッシュフラワーエッセンスです。
69種類の花たちのハーモニーが私たちの疲れたこころとからだを優しく包み込み、細胞に働きかけをします。

この入門セミナーでは、ブッシュフラワーの持つ光のエネルギーについての基本的な知識や、其の哲学、背景などを学ぶと共に、エッセンスを自分で調合して体験します。

とき:8月21日(月曜日)午前10時から正午まで
ところ:ホリスティックビレッジサンクチュアリ
    〒950-2264 新潟市みずき野1-10-32
    Tell:025-239-0211 Fax:025-239-0212
参加費:2500円(トリートメントボトル一つお持ち帰りつき)



すべて、お申し込み、問い合わせなどは、ビレッジに直接お電話いただいても結構ですし、このページの私書箱(メッセージを送る)でも大丈夫です。




幸せになる

今朝のNHKの連ドラを見ていて響いた言葉


「幸せになろうと思って幸せになるのではないのかもしれない。

誰かを幸せにしたいと思ったときに幸せになれるのかもしれない。」





ガングリオン2

私の左手首にあるガングリオンの状態がかなり悪化していたのは、先週の週末くらいから。

月曜日は、マッサージのセミナーの日でこの手で教えられるかなあとかなりの危惧がありました。
おりしも、その日のテーマは、「腕」。

レメディアルマッサージなので圧も強め。生徒さんの人数が偶数のときは教えるだけですが、この日は、奇数なので私もマッサージのペアを組まなければなりませんでした。


ところが、何とか教えて、やってもらう番になると、お~~楽チンになっていく。
次の日からドンドン痛みが取れてまた普通に動かせるようになり、今では、かなりこぶも小さくなっています。


実は、この背景には精神的なこともありました。
プライベートなことで、「諦める」と言う選択をしたら、とても楽になったのです。感情として楽だなあと自覚したら、見る見るうちにガングリオンも小さくなりました。

「諦める」と言うと、とてもネガティブな言葉に聞こえるかもしれません。
今の私は欲張り状態で、あれもこれもと言う感じでしたので、「二兎追う者は一兎も得ず」と言うことわざの通りだと反省したのです。

そこで選択したのがあることを「諦める」と言うこと、ですから、後ろ向きではなく、ミッションを実現するための正しい選択だったと思っています。

なにより、自分が楽になれたのですから。


実は、「愛しのガングリオン」の日記で「ガングリオン」と共生していくんだなどと言っていたのに、秘かに、この痛みでは仕事に差し支えるから整形外科に行くしかないかなどと思っていたのです。


やはり、ストレスで良くも悪くもなることを実感した次第です。



スローフード・スローライフ

新潟市内の朱鷺メッセで「スローフード・スローライフ」展が開催されていました。


早速、スタッフと二家族で出かけてきました。
広いホールに県内のスローフード・スローライフを実践する業者さんがブースを出しています。

スローフードでは、味見ができるので、あれやこれやをつついていると結構おなかが膨らんできます。

息子にとっては見たこともない食べ物が並んでいて恐る恐る試食しています。
父親に似て、食べたことのないものを積極的挑戦する性格ではなく、非常に食べ物に対して保守的な彼は、何を食べてもパッとしない表情です。

母として連れて来る甲斐のない子だなあと思わずぼやきつつ回りました。


ファーストフードが脚光を浴びて随分経ちます。

ナチュラル思考と相まってか、手をかける、時間をかける料理、生活が見直されているのでしょうね。


昔、アメリカにいた頃、今の夫と車に乗っていて、食べ物の話になって、私が「アメリカの食べ物はまずい。」と言うと、夫は、「どんなものが美味しいと思うの?」と聞き、即座に私が答えました。


「高いものが食べたいわけではないのです。ただただ、手を掛けたものを食べたい」


それが、夫にとって結婚の決め手になったようです。


あれから、20年、忙しい主婦としては、手を掛けず、時間をお金で買うような食生活をしていたことをちょっぴり反省した一日でした。


幸福感

最近、お友達から素敵なキーホルダーをいただきました。


外国製ですが、5種類のキーホルダーが送られてきて、スタッフで筋反射をとり、どれがそれぞれに一番相応しいか選びました。


私が引いた?選んだ?キーホルダーには、「Happiness」と刻んであります。どのキーホルダーにも単語が刻んであります。

自分が幸福か不幸か、他の人が幸福か不幸か、それは、それぞれの尺度や受け止め方で全然違いますね。


お金さえあれば幸福と言う人もいれば、健康さえあれば、幸福と言う人もいます。
家族と一緒なら幸福と言う人もいれば、仕事で満足していれば幸福と言う人もいます。


さて、今の私は幸福でしょうか、不幸でしょうか?
私の周りにいる方々から見れば、きっと幸福に見えると思います。

私自身がどう思っているかと言えば、「幸福」です、と即答できない自分がいます。
かといって、不幸かといえば、それも当てはまらない、そんな状況です。

私の元に来た、このキーホルダーは、私に幸福をもたらすのではなく、「幸福感」をもたらしてくれるのではないかと思い始めました。


大好きな映画「パッチアダムス」にパッチを「Excessive Happiness」と評している教授が登場します。

「過剰な幸福感」それがパッチアダムスに与えられた称号?でした。


過剰なまでの幸福感の裏側にある悲しみを映画を見る私たちは感じ取ることができますが、自分の幸福感を人々に伝播しようとした、しているパッチを見ると、一人の人間の幸福感がどれだけの人々の幸福感につなげていけるか、それが、またその人自身の幸福感になっていく…

うまく言葉にできないのですが、そんなことをキーホルダーを携帯電話につけながら感じていました。



ハートとからだをフィーディング

トップページにも書きましたが、7月にヴィレッジでは、イベントを企画しています。

テーマは、ヒーリングDAYS ~ハートとからだをフィーディング~


NPO法人WHAのメンバーを中心にブースを出展していただき、ご来場の方にいろいろな療法を体験していただこうという趣旨です。
フィーディングと言うのは、英語のFEEDING のことで、「栄養を与える」「供給する」「満足させる」「楽しませる」と言った意味を持っています。

ハート(こころ)とからだに栄養を与える、楽しませてあげる、そんな一日になればと願いをこめてつけたタイトルです。



体験なので、フルセッションではなく、短い時間になりますが、料金もお安く設定します。

お茶を飲みながら、いろいろな療法を知っていただき、いらした方同士の交流もしていただけたらなと思っています。


出展予定は、オーラソーマ、バッチフラワーエッセンス、ブッシュフラワーエッセンス、キネシオロジー、ボディーワークなどです。


皆さんのご来場をお待ちしております。


プロフィール

lotushomeopathy

Author:lotushomeopathy
ロータスホメオパシーセンターブログへようこそ!
ホメオパシーに興味のある方もない方も、毎日の暮らしを
楽しむ術を一緒に考えませんか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR