FC2ブログ

日本から

出発前に、日記を書こうと思いつつ、あまりの慌しさに結局書けずに、昨夜、日本に到着してしまいました。

創造していた以上の蒸し暑さにびっくり…

シドニーでの乾燥した空気とは随分違います。

たった2ヶ月ぶりの日本ですが、帰ってきたと言う気持ちがとても強くこれから25日間、楽しく過ごせそうな予感が一杯です。

これから、大阪、新潟、東京、三島と回りますが、皆さんにお会いできることがとても楽しみです。

よく食べ(これが目的と言う家族の噂もあり)よく休んで鋭気を養い、体力たっぷりつけて頑張ります。



スポンサーサイト



実践編セミナーの概要

日本への出発が1週間を切ってしまいました。
アッと言う間に時間が過ぎます。

実践編セミナーはパソコンをフルに活用して、パワーポイントを使ってお見せできるようにしました。

お配りする資料も用意万端、先ほどコピーをしに行って来ました。

実践編は、これからもシリーズ化して続けて行くものですが、今回は、家庭で処方出来ると思われる急性の症状ー風邪、扁桃腺炎、中耳炎など6つの臨床例を挙げて皆さんと一緒にどのレメディーが良いのか、他のレメディーとの相違点は何かなどを考えていく形にしています。

少しでもご家庭で安心してお使いいただけるように解りやすいセミナーを心がけたいと思っているのですが…

そして、大事なのは、どの時点で、専門の医療機関へ行くかと言うことです。

中耳炎もこじらせると難聴の原因になります。風邪は万病の元と言います。

この見極めが家庭でのセルフケアでは一番大事な事ですね。

セミナーをシリーズ化して、連続して参加していただくことで、ミニホメオパスの養成になればと思っています。

さあ、そろそろ荷造りも始めましょうか!

日曜日は、今年3回シーリースで行われる女性をテーマにしたホメオパシーのセミナーに参加します。

前回の3月は、母乳に関することでしたが、今回は、妊娠、出産に関するホメオパシーの役割がテーマです。

また、このHPや日本での講習会でその情報をシェアして行きたいと思います。

月曜日は、救急医療の資格の(シニア・ファースト・エイド)更新のためのセミナーに参加です。これを3年毎に更新しないと、オーストラリアでホメオパスとして活動する事が許されないのです。

皆さんも、良い週末を!


「昴」の曲に送られて…

今日は、午後からお葬式に参列して来ました。

私は一度しかお会いしたことの無い女性の方ですが、母がお付き合いがあり、お供してきたのです。

長く闘病していらっしゃる事は聞き及んでいましたが、52歳と言う、やはり若いと言えるお年でのことでした。

告別式は、弟の眠るお墓のあるシドニー北部の大きな霊園のチャペルでありました。

チャペルと言う名前ですが、どんな宗教でもお葬式が出来るように公民館のようなしつらえになっています。

移民の多いオーストラリアですから、宗教も様々で色々な対応が出来るようになっているのです。

今日は、無宗教と言うことで、お焼香も献花もなく、祭壇に置かれた白い棺とお写真に一人ずつ、お別れのご挨拶をすると言う形式でした。

ご本人の遺言でその間、谷村シンジの「昴」が流されました。

また、最後には、亡くなる数日前に録音されたと言う、親しかった方への感謝の言葉が流されもしました。

白い棺の上にはピンク色の薔薇と白い百合が綺麗に飾られ、日本と違う印象を受けます。

会場のスタッフの女性は白いスーツにワインカラーの帽子と手袋が制服で棺を運んだりします。

お若かったとはいえ、長い事ご病気で苦しんでいらしたことをほとんどの参会者が知っているので、「楽になれてよかったね」と言う切ない思いがチャペルの中に漂ってもいました。

ずっと看病されていたご主人が以前お会いした時と比べてとても痩せていたので、何もおっしゃいませんが、辛さを物語っているようでした。

チャペルを出ると、冬の青い空が広がっていました。


ベルギーからの荷物

今朝、早くにはるばるとベルギーからお待ちかねの荷物が届きました。

2週間くらい前に注文したホメオパシーのPCソフト「Radar」です。

レパトリーとマテリアメディカがCD-ROM数枚に収まっています。
何十冊と言う本がたった数枚のCDに入ってしまう現実にびっくり仰天。

お値段もお小遣いで買えるようなものではありませんが、これが私の大事なお商売道具?みたいなもので、考えようによってはお安いものともいえます。

なんと言ってもコンパクトで持ち運びが便利。海外に行ったりきたりする者にとっては、これほど便利なものはありますまい。

ホメオパシーの本はどれも重くて、持って歩けるようなものではありませんので…

グループで買うとディスカウントになるのですが、オーストラリアの代理店に電話した時、丁度20人でまとめて買うグループがあり、そこに入れてもらえたのでした。

基本セットがそれで半額くらいになり、そこにオプションで一番良く使うVermeulenの一連のマテリアメディカをつけてもらうことが出来、破格の値段で手に入れることが出来たのです。

日本に行くまでに間に合うようにと別料金ではありましたが、優先的にベルギーより海外宅急便で送ってもらい、本日無事に長旅を終えて手元に届いたのでした。

インストールして使いこなせるようにするまでにちょっとお時間が掛かりそうですが、楽しみでもあります。

インストール先のノート型パソコン本体よりも高いソフトなので、失くしてはえらいことです。

日本出発まであと、8日。キッチンの窓から見える木の色づいた葉が落ちつくすのとどちらが早いか…

(この落ち葉広いが大変なのです。車のドライブウエーを見事に黄金色に染めてくれます)

さっ、仕事仕事…


マイレタスとマイ饅頭

シドニーは3連休です。
今日の月曜日は、エリザベス女王のお誕生日、毎年、6月の第二月曜日がそれにあたります。

連休にしたいから、第二月曜日にしているけれど、本当は10日前後がお誕生日なのかと思っていたら、昨日のニュースで初めて知りましたが、実は4月が本当のお誕生日だそう。

オフィシャルバースデーが6月なんだそう。何でそんなこと刷るのか疑問が解けないままですが…

出発前なのに妙にのんびりしている私は、土曜日に園芸屋さんに母のお供で出かけ、肥料といろんなレタスがミックスされた苗を買い、昨日、植えてみました。

これで、毎朝、新鮮なレタスを庭から取って来れる?



レタス





そして、昨日、今日と、利休まんじゅうを作っています。

小麦粉に黒砂糖を入れた皮にあんこがたっぷりの自家製お饅頭です。

蒸し器に入れて10分で熱々のマイ饅頭の出来上がり。

こねる時間が結構掛かりますが、和菓子が手に入りにくいここでは、楽しんで作ります。

日本に住んでいたら作らなかった一品ですね。

画面で皆さんにお裾分け。


利休饅頭



明日からは、本腰入れて準備せねば…


冬の稲妻

昨日は、朝からどんよりとしてお天気で日中も少し雨がぱらつきました。

乾ききった大地には、もっと雨が必要だなあと思っていたら、夜になって雷とともに大雨が降って来ました。

冬の稲妻でした。そんな歌がありましたっけ。

珍しいですね、冬の雷。

猫のルナは初めての雷に窓ガラスががたがたと震えて振動するのにすっかり怯えて、炬燵の中に一目散に逃げ込みました。

お転婆さんですが、どうやら気が小さいようです。

リリー猫は貫禄で雷などものともせず、座布団の上で知らん顔で居眠りを決め込んでいます。

争いごとの嫌いなおとなしいリリーは、動じずに中年女性の貫禄を若いルナに見せ付けたのでした。

今週暖かい毎日でしたが、この雷で今日はちょっと冬らしくなっています。

出発まで後2週間を切り、準備は万端とはとても言えないのですが、妙に落ち着いている私です。

度胸が座った?
私リリーも中年女性です…(苦笑)



夢構築「ヒーリングハウス」

昨日、ある方のコンサルテーションをしました。

友人でもある整体師からのご紹介の方でした。筋肉系の問題があるので、整体に通っておられるわけですが、背後にある精神性の問題を見逃すわけには行かず、ホメオパシーをお勧めしたとの友人のお話でした。

お話を聞いて、(ごめんなさい、詳細はここではシェアできません)色々な問題が絡み合って、それをいかにほぐしていくかがこれからの課題だな…と

私個人の意見としては、整体にホメオパシーに、もう一つ、ヒプノセラピーも加えたら、この方にはもっと良い結果が早くにもたらされるかなと言う気がしているのですが、また、それをご紹介すると言うのはとても難しい問題だと昨晩思い至りました。

この方の御年から言っても、ホメオパシーのコンセプトを理解する事も難しいですし、其の上、ヒプノセラピーとなると混乱させてしまうかもしれません。

また、すでに何軒ものお医者さんにかかっていらっしゃるので、費用の点からも、また心情的にもたらいまわしにされるような感覚を抱いて欲しくないのでそれも難しい理由です。

一口に統合医療と言いますが、患者さんが払う医療費は莫大なものとなります。

今日は、整体、明日は、ホメオ、あさっては、ヒプノ、其の次の日は、アロマなんて、言う具合に統合医療をフル活用させたくても、それを別々のところに通うとなれば、費用も時間も嵩みます。

其の負担は、全て、患者さんに掛かってしまうのが現実では、一概に統合をお勧めする事は出来にくいです。

これが、ヒーリングハウスのようなところがあって、そこで1週間とかの合宿のような形式にして、そこで話し合いの元に患者さんが選択して様々な医療(西洋医療も代替医療も両方)を選択できたらなあとつくづく思いを深くしました。

費用も、何にいくらと言う風にすると、これもあれもやったら費用が嵩んで、ためらってしまう事のないように、一日いくらの滞在費にしてしまえば、気軽ではないかと思ったりします。

あ~ヒーリングハウスを実現させたいと、宝地図に書き加える事としました。

皆さんも良いアイデアなどあったら是非、書き込んでくださいね。


月のレメディー

今日は、昨日の続きで「月」のレメディーについて書きましょう。

月の満ち欠けは全ての動植物の活動に大きく関わっていることはよく知られています。

子どもの誕生もその一つです。

一説では、皮膚関係の疾患はとても月の影響を受けやすいとか。

満月には○○が起こるとか、そう言った伝説もたくさんありますね。

ギリシャ神話にはたくさんの月の神様が登場します。その中でも一番重要な役割を担っているのがSeleneです。

後にArtemisと呼ばれます。(セーラームーンに登場する猫の名前にもなりましたね)彼女は、太陽神Heliosと双子でもありました。

Seleneは、月の光の部分の象徴で、他の月の神、Hecateが、見えない部分=新月の象徴です。そしてこれは、光の部分がポジティブな面、見えない影の部分がネガティブな面を意味している事も当然です。

満月に子どもの誕生が多い事から「お産」と深い関係があるようです。

このレメディーは、1987年10月7日の満月の放射を使って作られプルービングされました。


【月のレメディー】Luna

*精神*
混乱、集中するのが難しい
周りと繋がることができない
動機付けの欠如
怒りーフラストレーションが他の人(夫や恋人)に爆発する
   子どもにイライラする
   怒りの後、しくしく泣く
短時間の間に機嫌がくるくる変わる

*一般*
ものすごい寒さ、もしくは、寒い天候でも逆に暖かく感じる
のどの渇きが増すー冷たい飲み物を欲しがる
アルコールにとても敏感
ものすごい空腹感
寝てもスッキリせず、朝起きられない
鮮やかな夢を見る(喜ばしい、淫靡な、ロマンティックな性的な夢、もしくは喜ばしくない夢)
朝、起きたときが具合が悪い
午後5時から7時の間が良くない
目、鼻、唇、のど、皮膚の乾燥
生理前症候群、月経過多

*身体*
頭痛ー現れたり消えたりする、前頭部と後頭部
   朝起きた時と、生理中に悪化
目の疲労と痛みー痛くて乾燥していて痒い
        蛍光灯などで悪化

*食べ物*
欲しがるもの:冷たい飲み物
悪化するもの:アルコール、牛乳、茶

*部位:
精神
女性の生殖器


皮膚


お産との関係から考えても、症状を見ても、産後鬱の女性に良いレメディーの一つかもしれないですね。



太陽のレメディー

4月の講習会の時、例としてこんなレメディーもありますと、太陽と月のレメディーをご紹介しました。

そのレメディーの詳しい事を当日お答えできませんでしたので、ここに紹介させて頂きます。


【太陽のレメディー】Sol britannic

太陽は太陽系の中心であり、直径が地球の109倍もある大きな星です。

太陽はその75%が水素で、25%がヘリウムから成っています。

太陽は、様々な宗教、文化で大きな役割を担っています。
日本の天照大神もそうですし、ギリシャ神話の太陽神Heliosもそうです。

太陽は光を与えるところから、正義の象徴でもあります。

太陽レメディーが最初にプルービングされたは、1880年、Swanと言うホメオパスによってです。


*精神*
決断、断定
管理し、決断する能力に優れている。
追われていると言う強迫観念がある。
何かを失くす夢
旅行する夢
家族、家、食べ物の夢
よく知った道で迷う
方向を失わせる
精神的に休息できない


*一般*
日焼けしやすく、日焼け以来健康でないなど
時間の移り変わりとともに非常な疲労→昼寝が必要
身体の温度とエネルギーが増える
また、反対に非常に冷たくなる、(特に骨が)
寒さで悪化
熱いお風呂で好転
リフレッシュのためにジュースを欲しがる
午前3時から4時に眠れない
午後3時に眠くなる
昼寝で好転
頭痛や目の周りの痛みにはプレッシャーを加えると好転
太陽によってくしゃみ、祖ボアkス、日射病などになる

*身体*
長距離運転すると目が痛くなる
太陽熱に弱い、敏感

*食べ物*
ジュース、羊肉、BBQ肉、塩辛いものを欲しがる

*部位*
精神

消化器
女性の生殖器



以上です。

明日は、「お月さま」のレメディーをご紹介いたします。



*お知らせ*
東京のセミナーの詳細(会場、参加費用など)が決まりましたので、ご興味のある方は、私書箱までお願い致します。



冬のブルーマウンテン(画像一杯あり)

ブルーマウンテン1泊の旅に行って来ました。

出発の木曜日は、小雨交じりのあいにくの天気でしたが、動物園に着く頃には、青空が広がり、最高のピクニック日和となりました。

この動物園「Fetherdeal Wild Life Park」は、シドニー中心部より車で1時間弱のブルーマウンテンに行く途中にあります。

オーストラリアに野生に生息する動物を集めていますのでキリン、象、ライオンなどはいません。

カンガルーやワラビー、クロコダイル、そして色とりどりの野鳥が中心です。どこも、たいしたフェンスもなく、自然に近い状態で動物たちが昼ねをしたりのんびりと過ごしています。

なんといっても一番人気はやはりコアラちゃんです。

コアラは夜行性動物なので、昼間はたいてい、木の枝につかまって丸くなって寝ています。

ところが、この日のコアラは違いました!エムツーさんのパワーがフル回転のせいなのかどうかは定かではありませんが、なんとコアラが動いている、しかも走っているではありませんか!!!

木から降りて、走ったり、我々に向かって万歳したり、それはもう活動的なコアラでした。

コアラは、一つのブースに二匹ずついるのですが、ブースには1メートルくらいの木のフェンスがあります。でも、それはコアラが逃げないようにと言うよりはむしろ、人間がコアラにいたずらしないようにと言う配慮のような気がします。

koala2


koala1


kangaroo1


動物園を後に、いよいよブルーマウンテンへ。

到着すると早速、街の雰囲気の良いカフェで珈琲を一杯飲んで休息。

そして、3人姉妹の岩と呼ばれる景色を見学に行きます。
ブルーマウンテンのあちこちから見ることが出来ますが、観光用のトロッコに乗って、下に降ります。

もともとは石炭採掘のためのトロッコでしたが今は、観光に一役買っています。

急な斜面を降りるのですが、ジェットコースターのスリルと言うより、死への恐怖まっしぐらと言う感じです。

torokko


このあと、Echo pointと呼ばれる、絶景を拝める観光スポットへ。

ここから観る3人姉妹の岩とブルーマウンテンは素晴らしいの一言。
風が強く、寒さが吹き付けますが、夕日を背にに色が移ろう山の景色は神秘以外の何ものでもありません。

ブルーマウンテンの「ブルー」は、時間で山の色が様々に変化し、特にブルーに見えることからと言われていますがまさにブルーがかった不思議な色です。


3sisters


bluemoutains1


bluemountains2


夕暮れを迎え、この日の宿へ。

そこは、ゲストハウス、ペンションのようなところ。
1880年代の素敵な建物です。

その夜の宿泊客は私たちだけ。この素晴らしいクラシックなプチホテルを独り占め、いや、二人占めでした。


leurahouse


ソファーがいくつも並んだ広いゆったりとしたラウンジでゆっくり珈琲、紅茶を頂きながら、エムツーさんのコンサルテーションが始まりました。

こんなゆったりとした、素敵な場所でのコンサルテーションは初めてでしたが、これが、まさに私の理想とする所でもあります。


こんな宿泊施設を備えたヒーリングハウスをいつか造るぞと心に誓いながら、夕食を食べに行きました。


たった1泊の旅でしたが、リラックスして、命のお洗濯が出来ました。

明日からまた、日本の準備に向けてパソコンに向かう日が始まります。

シドニーにお越しの際は是非、ブルーマウンテンまで足を運ばれる事をお勧めいたします。


聖なる所への旅

今日はこれから、ブルーマウンテンに行ってきます。

ブルーマウンテンは、シドニーから北西に車で2時間足らずのところにある観光地。

マウンテンと言いますが、海抜はそんなに高い山ではありません。

日帰りも可能な距離ですが、今回は、お洒落なb&bに泊まります。ペンションのようなところです。

ブルーマウンテンは、波動(エネルギー)の高い聖なる場所でもあり、レイキマスターのコースなどが週末を利用してあったり、ヨガや瞑想も盛んなところです。

残念ながら雨模様ですが、晴れ女のエムツーさんがご一緒なので、晴れちゃうかもしれません。

避暑地として有名なので、冬はとても寒いのですが、(それでも東京並といえるかどうか程度ですが)それだけ空気も澄んでいて、ぴ~んと張り詰めた空気が心地良いです。

のんびりと二人で命の洗濯をしてきます。

良いお写真が撮れましたら、週末アップしたいと思います。

それでは行ってきま~す!!


ひとつの詩

八木重吉さんの詩



このあかるさのなかへ


ひとつの素朴な琴をおけば


秋の美しさに耐えかねて


琴はしづかに鳴りだすだろう




******

いつかこんな境地に到達できるでしょうか…


プロフィール

lotushomeopathy

Author:lotushomeopathy
ロータスホメオパシーセンターブログへようこそ!
ホメオパシーに興味のある方もない方も、毎日の暮らしを
楽しむ術を一緒に考えませんか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR